上皮内新生物は診断一時金が減る?アフラックのがん保険の注意点

「アフラックの新生きるためのがん保険Daysの特徴の紹介」

アフラックの販売する「新 生きるためのがん保険Days」は、とても各保障のバランスが取れたがん保険だと思います。
まず、癌(がん)と診断された時点で受け取れる一時金の100万円はがん治療を積極的に行っていく上での安心感に繋がる金額だと思いますし、入院が長引いた場合や治療中の生活費にも充てる事が出来ます。ただし、上皮内新生物の場合は10万円の診断金となる点に注意が必要です!
次に、三大治療に対しての備えが充実している点に安心感を持つ事が出来ますヽ(^o^)丿
4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s.jpg
特に保障を充実させたAプランにおいては、抗がん剤治療を通算600万円まで保障しており、特に癌が進行しており手術が出来ない場合において、長期化するであろうと予測される抗がん剤治ががんにはとてもメリットのある保障内容だと思います!
また、三大治療における入院はもちろん通院においても日数無制限で保障している点も安心できます。
特に、抗がん剤治療や放射線治療については、日常生活を送りながら通院で治療する方も増えてきていますので、時代のニーズに沿った形で答えている保険内容など思います。
がんにはもちろん罹患したくありませんが、万が一の場合に備えて加入しておくには、とても安心できるがん保険だと思います!(^^)!